お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

プリザーブドフラワーで作るかすみ草のピアスの作り方

kino

寒さ厳しいこのごろは、春の訪れが待ち遠しいですね。今回は、プリザーブドフラワーのかすみ草を使って、花束ピアスの作り方をご紹介します。アレンジ方法も2種類ご紹介しているので、ご自身のファッションやお好みに合わせてチャレンジしてみてくださいね。

いろんなファッションに合わせやすい、かすみ草ピアスの魅力

かすみ草は少ない本数でも束感が出て、ピアスにすると耳元にブーケがあるような見栄え。また、合わせる服が淡い色でも濃い色でもしっくりくるので、とても使いやすいです。

ブリザーブドフラワーを使ったピアスは、大きさのわりにとても軽く、ほかの素材で作る場合とくらべて、耳に負担がかかりにくいのも魅力。また、自然の色合いでありながら枯れないので、長く愛用できますよ。

かすみ草ピアスの作り方の概要

所要時間

約1時間30分(個人差があります)

完成サイズ

長さ約5cm

かすみ草ピアスの材料と道具

材料

  • プリザーブドフラワー スターフラワー 12本(片耳6本)
  • プリザーブドフラワー かすみ草 2本(片耳1本)
  • プリザーブドフラワー かすみ草つぼみ 4本(片耳2本)
  • カツラ金具(縦6mm×横5mm 内径4.5mm) 2個
  • ピアス金具(ゴールド、縦21mm×横12mm) 2個
  • 丸カン(0.5×4mm)  2個
  • 丸カン(0.5×4mm)  2個
  • レジン液 適量

プリザーブドフラワーはスターフラワー、かすみ草、かすみ草のつぼみの白いお花を3種類使います。今回はピアスで作りますが、お好みの金具でお作りいただけます。

道具

  • UVライト
  • マスキングテープ
  • 洗濯バサミ 4つ
  • はさみ
  • 定規
  • ラジオペンチ
  • 丸ペンチ

洗濯バサミは木製以外のものでもOKです。

かすみ草ピアスの作り方

作り方

  1. プリザーブドフラワーを、両耳が同じ量になるように分けます。

  2. 作りたい長さにマスキングテープを切り、机に貼ります。今回は仕上がり4.5cmです。
    マスキングテープは粘着跡がつきにくいですが、気になる方はカッティングボードなどを使用すると良いです。

  3. 2つに分けておいたお花をマスキングテープの長さにカットし、親指と人差し指で持ちながらカットしたお花を束ねていきます。3種類のお花を順番に、バランス良く束ねてください。

  4. お花を束ねたら、片耳分ずつ洗濯バサミで挟んでおきます。中心が1番長く、左右が少し短くなるようにする、きれいなバランスになります。

  5. 両耳分をまとめ終わったところです。

  6. バランスを見ながら束ねたら、少しはみ出る茎が出てきます。長さを超えるものはもう一度ハサミでカットして整えましょう。終わったらまた洗濯ばさみで挟んでおきます。

  7. 空いている洗濯ばさみにカツラ金具をはさみ、レジン液を半分くらいまで入れます。

  8. 洗濯ばさみで挟んでおいた花束を、やさしく茎の部分を持ちながら、カツラ金具に差し込みます。全ての茎が差し込めたら、手でお花を持ったまま30秒ほど待ってUVライトを使って仮硬化させます。

  9. 仮硬化させたら、再度UVライトを使ってしっかりと硬化させます。このように持って、軽く引っ張ってみてもお花が抜けなければ、完成です。もし抜けてしまった場合はもう一度、工程7からやり直してみて下さい。

  10. 両耳分できたら、丸カンをとりつけます。ラジオペンチと丸ペンチを使って4mm丸カンを開け、カツラ金具に通し、4mm丸カンを閉じます。

  11. 3mmの丸カンにピアス金具を通して、閉じます。両耳分を同じようにします。

  12. プリザーブドフラワーの形を整えてあげて、これで完成です!

アレンジレシピ① 花数を減らして普段使いに

お花を少し減らして作ると、普段にも使いやすい小ぶりの花束アクセサリーができます。お花1種類で作ってもシンプルでかわいいです。イヤリングにしてお子さんに作ってあげると、とっても喜ばれると思います。

こちらはレシピと同じ仕上がり4.5cmの長さで、お花を少なくして作ったピアスです。お花が少ないため、カツラ金具はレシピより小さい縦6mm×横2mmのものを使用しています。また、ホワイトはどんなお洋服にも合わせやすくて重宝しますよ。

アレンジレシピ② 色の異なる花を組み合わせて

花の色や完成の長さを変えることで、ご自身の定番ファッションに合わせたり、結婚式など特別な日のドレスに合わせて作ったりもできます。こちらはピンク、ピンクベージュ、ホワイトと、色の違うお花の組み合わせ。長さを少し短くすると、コロンと丸い花束に。こちらは完成サイズ4cmで作っています。

花材はネットショップや、少し大きな手芸屋さんなどでも手に入れることができます。お花の種類は沢山あるので、お好きなお花を組み合わせて作ってみてくださいね。

プリザーブドフラワーを使ったアクセサリーの保管方法

プリザーブドフラワーは、生花のような色合いが長持ちし、散りにくい加工が施されています。長持ちさせるため、雨の日や雪の日の使用はさけて、直射日光に当たらないところでの保管するようにしましょう。

できればアクセサリースタンドなどに掛けて保管がおすすめですが、置いて保管する場合は使用前にお花部分をやさしく揉んでからお使いください。

お花のアクセサリーは母の日ギフトにもぴったり

Craftieでは、母の日の贈り物にぴったりなハンドメイドアイデアを集めた特集を公開中です。定番のフラワーアレンジメントやアクセサリー、気持ちを華やかにするインテリア雑貨やギフトラッピング…心を込めて作った贈り物なら、お母さんに喜んでもらえること間違いなし♪手作りギフトを通じて、日頃の感謝や想いを伝えてみませんか?

母の日ハンドメイドレシピ特集を見る

アクセサリーをワークショップで作ろう!

一人で作るのは難しい……! まずは体験してみたい! と感じたら、Craftieでワークショップを探してみませんか。専門家によるクラフト体験のワークショップが見つけられます。初心者の方、気軽にものづくりにチャレンジしてみたい方にもおすすめです!

アクセサリーのワークショップを探す

このレシピのデザイナー

kino プロフィール画像
kino
アクセサリー作家として活動しています。つまみ細工やレジン、ワイヤーアクセサリーなど幅広いジャンルで作り方をお伝えします。Instagram: @hmkino

毎月届くハンドメイドキット「Craftie Home Box」受付中♪

Craftieでは、毎月届くハンドメイドのサブスク定期便「Craftie Home Box」を受付中です。

2022年の最初にCraftie Homeがお届けするのは、カリグラフィーのセットです。“西洋の書道”とも呼ばれるカリグラフィー。専用のペンを使って心穏やかに文字を綴る時間、そして、書き上げた言葉で暮らしを彩るクリエイティブな時間・・・。「新しい体験」がつまった新年のスターターボックスで、2022年を軽やかに駆け抜けていきましょう!

お申込みは【2021年12月20日(月)】まで、お見逃しなく! ※受付状況により、早く締め切る場合がございます。

Craftie Home Boxを見る