教室登録する

【休日に朝活】金継ぎ教室&ワークショップin東京

週末に東京都内で、
新うるしを使った簡単にできる金継ぎのワークショップを行なっています。

大切に使っていても、器は割れたり欠けたりするもの。
思いがあるものほど、捨てられないですよね。
でも、そのままにしていては使えない・・・
そんな器をご自身で直してみませんか?

修復できるのはもちろん、金や銀でお化粧された器は
また違った魅力があります!

このワークショップでは、
伝統的な本漆ではなく新うるしを使うので手がかぶれず、
1時間半ほどでお直しができます。
ぜひ、お直したい器を持って遊びにいらしてください。

※お持ちいただく器は『カケ・ヒビ・割れ』の
どれかに当てはまるものをお願い致します。

※ガラスも大丈夫です

※使える陶磁器をお持ちでない場合、
 こちらで用意しますので、器がないけれど参加したい!
 方も大歓迎です。

※教室は少人数制で、お一人ずつしっかりサポートいたします。

※お時間内ならいくつお持ち頂いても料金は変わりません。


 【特別企画開催中】
参加者の方皆さんに「唐津焼の豆皿」をプレゼント!
佐賀県唐津市で、430年以上作られ続けている唐津焼。
シンプルながら力強さと暖かさを感じる姿は、
京都の楽焼、山口の萩焼と合わせて、一楽二萩三唐津と言われるほど
日本の代表的な焼き物です。

当日は、窯元さんに作ってもらったばかりの豆皿をプレゼント。
ぜひ、ご自宅の食卓に並べてみてください。

当日の流れ・雰囲気

1: 金継ぎをする陶磁器をよく観察。
割れやカケなど状態に合わせて、パテなどを使って補修していきます。
2: パテが乾いてきたら、しっかりと下地を磨いていきます。
ここでの丁寧な作業が、美しい金継ぎに仕上げるコツです。
3: 下地に筆や竹串で金を塗っていきます。
傷跡に沿って焦らずゆっくり丁寧に塗り完成です。
金継ぎで出来上がった作品は「景色」と呼ばれます。
あなたの器はどんな、景色に仕上がったでしょうか?

必要な持ち物

・直したい陶磁器
(カケ、ヒビ、割れているもが望ましいです。)

※お持ちでない方は教室がお試し用を用意させて頂きます。


料金に含まれるもの

・講習料金
・当日の材料費

その他特記事項

・筆を使っての作業になるので、汚れてもいい服装でお越しください。
・金継ぎをした陶磁器は、金の性質上電子レンジ、食洗機で使用が不可能になります。

・講習料金
・当日の材料費
・プレゼントあり

予約の受付とキャンセルについて

予約受付期限: 2019-06-28 23:55まで

キャンセルポリシー: 2019-06-28 23:55以降、100%のキャンセル料がかかります

支払い方法

予約時にクレジットカードでお支払い

このワークショップのレビュー

fun
楽しい!
2
nice
素敵!
1
acmp
達成感
1

aketaさん
2019年04月22日

お気に入りのお皿が割れてしまってずっと金継をして直したいと思っていたので、今回丁寧に見てもらいながら教えて頂いて、真っ二つになっていたお皿も直せたので本当によかったです。
割れたとおりに直すのかと思っていましたが、自分でデザインをできるというのも新しい発見でした。
ある程度やり直しもきくので不器用でも心配せずできました。
またもし割れてしまう器があれば大事にとっておいて直して使いたいなと思います。

koeriko3さん
2019年03月10日

有意義な時間でした。
ワークショップ後に、今回の作業手順や材料をメールでいただきましたが、作業始める時にいただけると良かったと思います
時間ですが、お昼を挟んでだったので、1時間早く始まると良かったと思います

同じカテゴリーのワークショップ

同じエリアのワークショップ

おすすめのワークショップ