教室登録する

【ミニ手織りコースター】万葉集にも出てくる絹のわたを使って

  • 【ミニ手織りコースター】万葉集にも出てくる絹のわたを使っての写真1枚目
日本では木綿やウールよりも古い歴史のある真綿(絹)の優しい柔らかさに触れてみませんか?

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡• 豆知識 ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ

「綿(わた)」とは本来、絹を指す言葉だってご存じですか?江戸時代頃からコットンが広く普及したために、“真綿(まわた)”、“木綿”と区別して呼ぶようになったんですよ。

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ

このWSではタテヨコとも絹糸を使います。
ヨコ糸は、古民家でぇのうちで作った ふわふわの草木染め真綿を使って織る ちょっぴり贅沢な手織り体験です。

小さなお子様は大人の方のサポートがあれば参加頂けます。

★作業時間は目安です。作業スピードには個人差がありますので、余裕をもったご予定でお願いいたします。

★【教室詳細】ページも御一読下さい。
  • 受付終了
    住所は予約確定後にお知らせします。
    「道の駅サシバの里いちかい」より車約3分
    予約受付締切: 2019年10月28日 (月) 23:55まで

当日の流れ・雰囲気

1: ミニ手織り機に経糸(たていと)をかけます。
ふわふわの真綿を引いて太い糸にしながら織っていきます。

真綿は美術品保護の為の綿としても用いられています。コースターの用途以外にもチョット大切な物を置いておくのにもオススメです。 【ミニ手織りコースター】万葉集にも出てくる絹のわたを使っての当日の流れ・雰囲気の写真1枚目
2: 真綿(まわた)は蚕の繭を煮て綿状にした物です。ウールに比べてとても軽く、ふんわり柔らかで肌に優しいのが特徴です。 【ミニ手織りコースター】万葉集にも出てくる絹のわたを使っての当日の流れ・雰囲気の写真2枚目
3: 古民家 でぇのうち にはやんちゃな猫がいます。 【ミニ手織りコースター】万葉集にも出てくる絹のわたを使っての当日の流れ・雰囲気の写真3枚目

必要な持ち物

特にありませんが、細かい作業が見辛い方は眼鏡をお持ち下さい。

その他特記事項

でぇのうちは田舎の古民家の為、冷房設備は扇風機のみです。暑さ対策は各自でお願いいたします。

猫が1匹おります。苦手な方やアレルギーの方はご注意下さい。

最寄り駅からのアクセスが悪くお車でのお越しをお勧めしております。「道の駅サシバの里いちかい」から古民家でぇのうち迄の道は途中から狭い林の中の一本道になります。狭い道でのバックや切り返しが苦手な方は道の駅にお車を駐車してお越し下さい(徒歩約5分)

予約の受付とキャンセルについて

予約受付期限: 2019-10-28 23:55まで

キャンセルポリシー: 2019-10-28 23:55以降、100%のキャンセル料がかかります

支払い方法

予約時にクレジットカードでお支払い

豊田 早苗の写真 このワークショップの先生

豊田 早苗

真綿絹織物の産地問屋にて染織助手を勤めた後、クラフト用品SHOPにて染織用品部門の販売を長年担当。

お客様との会話のなかで、「卓上手織りに興味はあるけど織り機を買っても続かなかったらもったいなくてなかなか踏み切れない」との声を多く聞き、SHOP退職後は織り機購入前の基礎講座に力を注ぎ、手織りを覚えてみたい初心者さんの背中を押すお手伝いをしています。

また季節毎の草木染め体験も行っております。